ホーム>スタッフブログ>2015年1月

2015年1月

高崎と藤岡の境の鏑川に白鳥飛来中!

201512816486.JPG高崎市と藤岡市の境に流れる鏑川(かぶらがわ)に白鳥がまとまって飛来し始めたのは2003~2004年の冬。毎年12月初旬から20日ごろにやって来て、2010年~2011年のシーズンには約50羽が越冬しました。今年は15~30羽を観察できます。 白鳥を見ると餌を与えたくなるが白鳥はコケや藻は食べるが魚は食べません。そのため、餌は大麦、小麦、小米(米粉用の米)を少量与えます。給餌自体は、鳥インフルエンザの影響で一時、全国的に中止されていましたが、他の飛来地に合わせて再開されたようです。

観察できる場所が河川敷のためカーナビでは出ないので、目標は「安楽寺(高崎市木部町)」を目指しそのまま南下します。【注】高崎市内には木部町のほかにも安楽寺がある。詳しくは「鏑川白鳥を守る会」のブログを見てください。この時期(3月10日~20日ごろまで)にしか見れない白鳥を観察しに、お出かけしてみてはいかがですか!?

近日 「榛名山ヒルクライム in 高崎」募集開始!

2015119161633.jpg標高1390メートルの榛名山を登る自転車レース【第3回榛名山ヒルクライムin高崎】のエントリー受付が1月24日からインターネットを窓口に開始されます。榛名山ヒルクライム(通称:ハルヒル)は2012年に初開催され、昨年は4956人の参加を得て、国内屈指の規模となった。コースは「榛名湖コース(16.1km)」と「榛名神社コース(11.6km)」と「初心者コース(6.7km)」と「タイムトライアルコース(6.8km)」。

今回から「チーム戦」を初開催。チーム戦は同一コースにエントリーする3人を1チームとし、合計タイムで競うレース。

登録料は2,000円~6,000円、ゼッケンに会場や協力店で使える1,000円分の買い物券が付く。開催は「2015年5月16日(土)、17日(日)」。

詳しくは『第3回榛名山ヒルクライムin高崎』のHPをご覧ください。

ママチャリでも参加できるようなので、健脚自慢のパパさんママさん、参加してみてはいかがですか。

「第2回GUNMAマンガ・アニメフェスタ」開催!

201511616847.jpg201511616858.jpg2月7日(日)8日(月)ベイシア文化ホール(旧グリーンドーム)にて「第2回GUNMAマンガ・アニメフェスタ」が開催されます。GUNMAマンガ・アニメフェスタはマンガ、アニメーション、映画、映像作品などにスポットを当てたイベントで、昨年初開催した。会場では開催に先駆け選定されたマンガ・アニメフェスタ作品展の各部門大賞をはじめとする作品を展示するほか「キン肉マン」「北斗の拳」「シティーハンター」などで知られる声優神谷明さんのトークショー、アニメグッズ販売、アニソンライブ、コスプレコンテストなどを行う。

アニソンライブ、コスプレコンテストは参加者を募集中。両コーナーは群馬在住芸人のアンカンミンカンが司会を務める。応募については群馬県教育文化事業団のHPか、直接☎(027-224-3960)で問い合わせて見てください。

締め切りは1月30日。開催時間は両日とも10時~17時で入場無料。

興味ある方は年に一度の祭典ですので足を運んでみてはいかがですか。

本日 1600年代から続く前橋の「初市」

201519175941.jpg本日(1月9日)、前橋の三大祭りの一つ「初市まつり」が前橋市街地の国道50号線などの会場で開催されています。

厩橋藩(現在の前橋)の初代藩主、酒井重忠(1950年代~1610年代)の時代、城下では毎月4日、9日に市が立ち、日用雑貨や生糸などが取引されていた。初市は新年に初めて開催される市。だるまが販売されることから現在は「だるま市」として親しまれている。「初市まつり」は前橋八幡宮(前橋市本2)で行うだるま供養の「浄火(お焚き上げ)」に始まり、八幡宮の神「市神」をまつり会場に設けられた仮宮に移す「渡御の儀」を行う。「渡御の儀」では木遣りや大獅子などが市内を練り歩く様は江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえる。

開催時間は浄火が10時~11時30分ごろまで。渡御の儀は10時30分に八幡宮を出発し、千代田通り、中央通りを経由し約400の露天が並ぶ中、1時間かけて本町通りの仮宮まで練り歩く。

本日ヤマダグリーンドーム前橋第6駐車場(無料)と祭り会場のバス停(前橋テルサ前)を結ぶシャトルバス(無料)を10分おきに運行。まだ見てない方は行かれてみてはいかがですか。

群馬県が美肌県グランプリ2014で最下位!

あけましておめでとうございます。

新年早々群馬県にお住いの方に悲報です。化粧品大手のポーラが全国およそ60万人の女性の肌のデータを分析した結果、群馬県がワースト1位、最下位だということが判明しました。これは、温泉街の草津や伊香保がある群馬県としてはかなり屈辱的です!しかも調べてみると2013年2014年と2年連続最下位!尚且つ2012年も46位という結果でした・・・その肌がキレイじゃない理由はいったい?まずはポーラによって計測された内容によるとこんな感じでした。下記グラフでみるとよくわかりますね。201515173245.jpg

 

グラフから、[水蒸気密度(42位)][日照時間(46位)][生活習慣(41位)][ 風が潤っている(47位)][角質細胞が整っている(46位)][ シミができにくい(45位)][ニキビができにくい(47位)][肌荒風(乾燥型)]  なんと言っていいか・・ほとんどの項目が最下位に近い感じでコメントしずらいですネ!

唯一「キメが整っている」が29位、「シミができにくい」が28位というだけでした。しかも微妙・・・ テレビでは肌が荒れる原因は赤城おろしとのこと。つまり「空っ風」です。

特に県内で秋から冬に吹く乾いた北風による乾燥や血行不良が影響していると分析し、保湿ケアやマッサージを心がけ、日中はマフラーを巻いて乾燥やシミ・シワの原因の紫外線から肌を守ることなどを勧められています。そこで、一世帯当たりの自家用車台数全国4位の群馬県在住の奥様方へ朗報です。紫外線を防ぐ効果抜群の旭硝子の【美肌ガラス】に入れ替えてみてはいかがですか。シミ・シワが防げますよ!・・・・