ホーム>スタッフブログ>2017年12月

2017年12月

☆たかさき☆ 高崎市「中央銀座アーケード」が12月17日から併用開始!

2017122215324.jpg201712221544.jpg2014年2月の大雪で、屋根の一部が崩落した中央銀座アーケードが完成し、12月17日(日)に供用開始になった。今回再整備されたのは全長約430メートルのアーケードのうち約110メートル。高崎市は、周囲の雰囲気と新時代を意識して木質感や落ち着いた色調を取り入れ、さらに屋根の採光部を広くとり開放的で明るい空間を意識した作りとなっている。中央銀座は昭和の風情が魅力となっており、街区の特色を打ち出していく。

 

2017122215431.jpg新しくアーケードの整備に合わせ空き店舗へ居酒屋を中心に8店の飲食店を誘致された。屋台の雰囲気を味わってもらおうと、店先のテーブルや椅子で開放的な雰囲気を楽しめる。昼から営業し高崎産の食材を積極的に使ったメニューも提供してる。

昭和の情緒が漂うまちの雰囲気を再現し新規の飲食店が入る建物はモルタル風の壁やアーチ型の窓を配するなど外観をそろえた。中央銀座アーケードは高崎の商店街のにぎわいをけん引してきたシンボルで商都の貴重な財産であることから高崎市が主導して再整備した。(高崎新聞一部引用)

 

この時期は、店先で食事を楽しむのは昼間太陽が出ている時間が良いかもです・・・・

☆たかさき☆ 高崎「光のページェント2017」来年1月8日まで開催中!

20171214163758.jpg1994(平成6年)年より始まった高崎中心市街地を鮮やかな光で彩る「高崎光のページェント」を今年も開催中です。メインエリアである高崎城址公園・お堀を3つのエリアに分け、「揺らめく光のボール」「音と光のショー」「木々の隙間に隠れる動物のモチーフや星形のイルミネーション」など移り変わる色で多彩な光を演出し、水面に映る多彩なイルミネーションで皆様を出迎えています。 高崎の定番となっている駅前通りはワイングラスに装飾された街路樹が、彩り輝く様々な光で通りを演出し、恒例の子ども達の制作する光のキャンバスは、音楽センター東側芝生広場に展示しています。

今年は高崎城址公園、JR高崎駅西口からシンフォニーロード経てお堀を巡る1200メートルを約65万個のLEDで飾り、11月23日から開幕し、約3週間遅れで大手前通り、慈光通り、東二条通りの約600メートルが追加されています。

高崎駅西口は10月にオープンした「オーパ高崎」9月にリニューアルした「高崎タカシマヤ」「高崎モントレー」も同時期に新店舗を誘致しするなど注目を集めています。(公式HP・高崎観光協会・高崎前橋経済新聞一部引用)

〇日時:2018年1月8日(祝)まで、午後5時~10時(金・土・日曜日は午前0時まで)
〇会場:高崎城址公園のお堀、タブの木広場、シンフォニーロード、大手前通り、慈光通り、東二条通り
20171214163718.jpg

 

 

 

 

 


今年は少し拡大してやっています「高崎光のページェント」です。
夜はちょっと寒いけど一見する価値あり。
散歩がてらぶらり歩いてみてください!