ホーム>スタッフブログ>☆たかさき☆高崎清華軒モデルの映画「ラーメン食いてぇ!」が公開中!
スタッフブログ

☆たかさき☆高崎清華軒モデルの映画「ラーメン食いてぇ!」が公開中!

201835155256.jpg201835155356.jpg201835155329.jpg3月3日から高崎市のラーメン店「清華軒」がモデルになった映画「ラーメン食いてぇ!」が全国で公開されている。人生に絶望した登場人物たちが、ラーメンを通じて生きる力を取り戻していくストーリーだ。舞台となるラーメン店の撮影が清華軒で行われたほか、JR高崎駅周辺などがロケ地として登場する。
原作の漫画「ラーメン食いてぇ!」は、清華軒が実家の漫画家・林明輝さん(59)(さいたま市在住)が手掛け、2015年2月に講談社のウェブコミック「モアイ」で配信され大きな反響を呼んだ。2か月後には全9話を収録した単行本(上・下巻)が刊行された。
映画では、妻を亡くし、希望を失っていた祖父のラーメン店「清蘭」を継ぐ決意をした女子高校生役を中村ゆりかさんが演じ、NHK連続テレビ小説「わろてんか」で主演する葵わかなさんが親友役、石橋蓮司さんが祖父役として出演で、監督・脚本は熊谷祐紀さん。
高崎市相生町の清華軒が主な撮影舞台となり、高崎駅や高崎公園(高崎市宮元町)の周辺も登場する。遭難した料理研究家が「清蘭のラーメン食いてぇ!」と絶叫する目玉のシーンは中央アジア・キルギスでロケを行った。
清華軒は住宅街にあり、中華料理なども扱っていた。林さんの父、烈土さんが1956年に創業し、昔ながらのシンプルなラーメンが人気だった。烈土さんは2011年に他界。林さんのおいが経営していたが2016年10月に休業した。
3人きょうだいの次男の林さんは大学卒業後、大手広告会社に入社約17年間勤め退職し、幼い頃からの夢だった漫画家になった。10年ほど前、烈土さんにラーメン作りについて聞き取り、作品の構想を描いたという。
映画では、祖父のラーメン店主が「小麦粉は生きている」と語るシーンがあるなど、麺にこだわった烈土さんの面影が垣間見える。実家での撮影にも立ち会った林さんは「ほぼ忠実に原作を映像化し、いい作品に仕上げてくれた。制作陣に感謝している」と話す。

201835155427.jpg県内では3日から「MOVIX伊勢崎(伊勢崎市宮子町)」で公開中。第32回高崎映画祭では最終日の4月8日午前10時から「高崎シティギャラリー(高崎市高松町)」で特別上映される。まだ日程未定だが「シネマテークたかさき(高崎市あら町)」でも上映する予定。(YOMIURI ONLINE一部引用)

 

高崎市内の身近なお店や見慣れた場所で撮影されたようです!
近くの高崎イオンシネマ上演作品スケジュールには見つかりませんでした(-_-;)
興味ある方は「MOVIX伊勢崎」まで足を運んで是非鑑賞してみてください!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.autoglass-koike.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/318