ホーム>スタッフブログ>2019年3月

2019年3月

☆たかさき☆ 高崎駅東口に98mの再開発ビルが。。。

2019329161632.jpg3月22日に高崎市はJR高崎駅東口の再開発事業で、同市栄町に計画される複合ビルを野村不動産(東京都新宿区)などの共同企業体(JV)が一連の計画作りを担う業者として権利を獲得したと記者発表した。
事業名称は「高崎駅東口栄町地区第一種市街地再開発事業(予定)」で、施行者は「高崎駅東口栄町地区市街地再開発準備組合(理事長富岡賢治市長)」、施行場所は「高崎芸術劇場西側のビックカメラ高崎東口店、高崎中央体育館など」が所在する約1.6haのエリアに、タワーマンション並みの高さ98メートルのビルを建設し、ホテルや店舗・オフィス・マンションなどで構成する提案が認められた。
なおプロポーザルで示された計画概要は、延床面積約10万㎡、建築面積約7000㎡、高さ98m。主な用途は商業、公益、オフィス、ホテル、駐車場、住宅などで、今後、準備組合の意向も加わる可能性があるそうだ。完成は2022~23年度となる見通し。
ビルの規模は建築面積7000平方メートル、延べ床面積10万平方メートル。県内では県庁、高崎市役所に次ぐ高さとして東口に建設中のタワーマンションと並ぶ高層となる。予定地で営業するビックカメラの店舗や日本年金機構が入居するほか、バスターミナルが整備される方向だ。
JVは新年度、ビル上層階への入居が見込まれるホテルや商業施設の選定、設計、資金などを含む具体的な事業計画作りを進める。組合は1年程度で法定組合に移行し、ビル建設に着手できるよう体制を整える。
約1万6000平方メートルの再開発予定地は駅から約300メートル。9月に開館する「高崎芸術劇場」の西隣でビルは駅から延びるペデストリアンデッキに直結となる。県が建設するコンベンション施設「Gメッセ群馬」とも近接し、東口周辺は都市型ランドマークが集積するスポットとして注目されそうだ。(上毛新聞引用)

 

高崎駅東口方面の変貌が見ものです! どう変わるのでしょうか。。。

☆たかさき☆「第28回榛名梅まつり」が今週末日曜日に開催されるよ!

2019314152728.jpg201931415302.jpg今週末3月17日(日)午前9時30分から「第28回榛名の梅祭り」が群馬三大梅林の一つ榛名梅林で開催されます。約12万本の梅が植えられている榛名梅林は白く可憐な花が広大な丘陵一帯を埋め尽くし、春の香りで来る人を楽します。梅の花の種類によってルートが異なる梅林ハイキングコースが複数あるので、ぜひ様々な花めぐりを体験してください。
ハイキングでさわやかな汗をかいた後はメイン会場の「榛名文化会館エコール」で、梅づくしのメニューの無料サービスが堪能できます。梅ジュースや梅うどんや梅の赤飯という地元ならではのメニューも登場し、また特産梅製品の販売も行われます。
会場では上州榛名太鼓や榛名音頭などの芸能披露や「群馬県観光特使あかぎ団」のライブショーも開催し、また、梅林を巡るトテ馬車運行、野点、梅の種飛ばし大会、ビンゴゲームなど楽しい企画も開催します。さらには、榛名が生んだスーパーヒーロー・フルーツ忍者ハルナの梅蔵も祭り会場に現れ、じゃんけん大会で子どもたちも楽しめますよ。(高崎新聞一部引用)

第28回榛名の梅祭り
日時:3月17日(日)AM9:30~
会場:榛名文化ホールエコール(高崎市上里見町1072-1)

榛名の梅づくしのイベント
〇無料サービス:10:00~
*梅の赤飯*梅ジュース
*甘酒*梅バイキング
*梅うどん(梅うどんのみ11:30~)
〇物産品即売:10:00~
*榛名の梅製品販売
*東京都板橋区物産販売
〇芸能:
*上州榛名太鼓演奏10:00~
*榛名音頭保存会10:30~
*邦楽(筝・尺八)(小ホール)10:40~
〇イベント:
*トテ馬車運行(梅林)10:00~
*野点(久米百仙社中)10:00~
*フルーツ忍者ハルナ梅蔵のジャンケン大会11:00~
*群馬県観光特使 あかぎ団ライブショー11:300~
*梅の種飛ばし大会12:30~
*ビンゴゲーム13:30~

榛名の梅祭り実行員会(高崎市榛名支所産業観光課内)
TEL:027-374-5111/FAX:027-374-5037

開花時季:3月上旬~3月下旬