ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

突然ですが・・・「オープンウォータースイミング」ってご存知?

過酷さと大自然を楽しむ醍醐味が魅力のニュースポーツ、 オープンウォータースイミング(OWS)とは?

 

夏といえば海水浴! ということで海へ泳ぎに行く人も増えるこの季節。とはいえ、普通の海水浴といったら浅瀬でのんびりという人も多いですよね。近年広まりを見せ始めている「オープンウォータースイミング(以下、OWS)」というスポーツは、なんと10㎞ほどの距離を泳ぐというのだからびっくり!まだ日本では、なじみの薄いスポーツですが、2008年の北京五輪から正式種目に採用されている、れっきとしたオリンピック種目なのです。大自然の中で行われる競技、OWSの醍醐味に迫ります。 2015810181451.jpg
 

「オープンウォータースイミング = OWS」とは?

OWSとは、海、川、湖など自然の中で行われる長距離の水泳競技です。 プールで行われる競泳と違い、天候への対応、海洋生物との接触など想定外の事態にも対応できる力を身につけておかなければなりません。もともとオセアニア、アメリカ、ヨーロッパなどでは、人気が高いスポーツ。1980年代に国際水泳連盟が競技規則を作成、2008年に五輪正式種目となった新しいスポーツです。日本でも1995年、初の大会が熱海で開催され少しずつ大会の数も増えてきました。
 

OWSの魅力 その1 ~水中での激しい駆け引き~

スタートのポジション争いは熾烈
スタートのポジション争いは熾烈
 
OWSの特徴といえば、自然の中で行われるということ。つまりプールの競泳と違い、コースロープは存在しません。トップレベルの大会になると10km以上のレースも多数。 10kmをトップクラスの選手が泳ぐと約2時間かかります。まさに「海のマラソン」といったところでしょう。
2時間泳ぎ続けるのは泳ぎが得意な人でも、相当大変なこと。競技となると、さらにその厳しさは増します。 マラソンと同じように、まずスタートポジションの争いから熾烈さを見せます。コース途中でも、相手を風よけに使ったり、追い越しをしたりで体がぶつかり合うこともしばしば。 また、ラストスパートの肉弾戦も激しいものがあります。競技者にとっては過酷な環境であるのは間違いないのですが、観る立場からすると、その様子はとても白熱したもの。競技としての面白さも注目の一つです。
 

OWSの魅力 その2 ~エコスポーツ~

過酷な競技であるという側面を持つ一方で、「エコ」というキーワードも兼ね備えているのがOWSの魅力。今では、様々な国で開催されているOWSですが、なかには海の素晴らしさを存分に感じることができるレースもあるのです。 日本人にも人気なのが「パラオ・オープンウォータースイム」という大会。こちらはゴールまでの制限時間がなく、250mから5000mという幅のある距離設定なのも、参加者にとってはうれしいポイント。 そして、何といっても最大の魅力は美しい海!自然の豊かさをそのままにスポーツを楽しめるという「スポーツと自然の共存」といった点でもOWSは注目されているスポーツなのです。
 

日本での広まりは?

国際的にもまだ新しいスポーツであるOWSですが、日本においてもOWSの普及はこれからといったところ。 そんな中、OWSの普及にいち早く取り組んだのが、現在、日本水泳連盟会長でもある鈴木大地氏。 鈴木大地氏といえば、1988年ソウル五輪で得意のバサロキックを生かし100m背泳ぎで金メダルを獲得した日本水泳界のスター。OWSを開催し、海を泳ぐことでどれだけ海が汚染されているかがよくわかると鈴木氏は言います。水泳選手として、水と共に人生を過ごしてきた人だからこそ、水や自然に感謝しなければならないという気持ちが強いのでしょう。
 
スポーツを行うことで環境を破壊しない、スポーツと自然が共存するOWS。
これからのスポーツ界に新たな一石を投じる競技となっていくことでしょう。
(tenk.jp引用)

ベビースターの「ペヤング味」って知っていますか?

201585162024.jpg「おやつカンパニー(本社:三重県津市)」と「まるか食品(本社:群馬県伊勢崎市)」のコラボ商品「ベビースタードデカイ焼そば(ペアングやきそば味)」の売れ行き好調!

おやつカンパニーとまるか食品は2013年に初コラボした。以来、良好な関係が続いており、本家「ペヤングソースやきそば」の販売再開に合わせ、今年7月6日に「ベビースタードデカイ焼そば(ペアングやきそば味)」を発売した。数字は非公開だが、「『ベビースタードデカイ焼そば(ペアングやきそば味)』は1年間に発売する新商品約190アイテムの中でかなり上位」(同社担当者)と好調ぶりをアピール。

 

また、群馬限定ご当地ベビースターの「上州太田焼きそば味」と「下仁田ねぎラーメン味」もあり。

201585162044.jpg

201585162055.jpg

 

 

 

 

一方のまるか食品も6月8日に関東地区限定で「ペヤングソースやきそば」の販売を再開。これに続けて22日に甲信越・静岡、29日に東北・中京・北陸、7月6日に関西・中四国・九州地区を予定していたが、関東地区だけでも供給が間に合わない状態になったため、各1~2週間遅らせた。
生産量は休止前の2倍の1日45万食を製造しているが需要に追い付かない状態。同社担当者は「反響の大きさにびっくりしている。本当に感謝している。できる限りの体制で量産に臨んでいる」とうれしい悲鳴を上げる。(高崎前橋経済新聞引用)

群馬限定ご当地ベビースターの東毛「太田焼きそば味」と、西毛「下仁田ねぎラーメン味」と、地元伊勢崎まるか食品のコラボ商品「ペヤングソース焼きそば味」をご賞味してない方は、是非ご賞味くだされ~!

 

たかさき発「健大高崎」全国制覇めざしてがんばれ~

甲子園に向けて健大高崎
201573117224.jpg第97回全国高校野球選手権大会=夏の甲子園への出場を決めた高崎健康福祉大学高崎高校野球部が、29日に高崎市役所を訪れ、富岡市長に出場報告を行った。健大高崎の甲子園出場は2年連続3度目、春のセンバツを含めて3回連続となり、昨年の夏、今年の春、ともにベスト8に勝ち進んでいる。

富岡市長は、群馬大会決勝戦での桐生第一との試合について「ハラハラしました。甲子園出場が決まりとてもうれしいです」と選手らに語りかけ、「全国制覇をめざして思いきりやってきてください。市民も期待しています」と激励した。  健大高崎の青柳監督は「レベルの高い群馬で勝てたことは大きな自信となっています。群馬大会で選手の精神面で大きく成長しました。甲子園では、どんな相手でも恐れずに戦い、群馬で3校目の優勝校となります」、主将の柘植君は、「甲子園で日本一になって戻ってきます」と力強く語っていました。

青柳監督と柘植主将によればチームの調子も上がっており、甲子園での活躍が大いに期待できそうだ。健大高崎野球部は、8月2日に甲子園に向けて出発する予定。(高崎新聞引用)

ぐんまけんのみなさん 健大高崎をいっぱい応援しましょう!!!!

いよいよあさって「第3回榛名湖トライアスロン」開催!

【7月26日(日)開催】
20157241507.jpg

 

 

 

 

 

 



7月26日(日)に開催される「第3回榛名湖トライアスロン」に、昨年を91名上回る「690名」がエントリーし、今年も熱いレースが期待できることになりました。

201572415018.jpg榛名湖トライアスロンのメインは、「スタンダード種目」で榛名湖を1.5km泳いだ後、自転車で8kmのコースを5周(40km)、最後に榛名湖1周5Kmを2周(10km)を走る51.5kmの競技で、制限時間4時間30分となっており500名がエントリー。また「リレー種目」には30チーム90名がエントリーしており、各競技の距離(スタンダード種目)のおよそ半分の「ビギナー種目」には100名がエントリー。
榛名湖を舞台に繰り広げられるレースは、見どころもたっぷりで、体力の限界に挑む選手の応援にも力が入ります。また、250名の地元ボランティアにもエールを送りましょう。(高崎新聞一部引用)

 

201572415028.jpeg

大会の実施に伴って、7月26日午前8時30分から、榛名湖周辺で交通規制が行われます。※お出かけの際にはご注意ください。

今年もやります! 「第41回高崎まつり」

毎年恒例、待ちに待った「高崎まつり」が熱くいよいよ開催です。

2015721144544.jpg■開催日程:平成27年8月1日(土)・2日(日)
■開催時間:8月1日(土)13時~21時。8月2日(日)13時~20時。
■交通規制:8月1日(土)13時~22時。8月2日(日)13時~21時。
■まつり会場:[高崎駅西口駅前通り][もてなし広場][群馬音楽センター周辺][中心市街地]
■問い合わせ先:高崎まつり本部「027-329-5586」。花火に関する問い合わせは「027-329-5587」。
■テーマ:粋溢れるハレの日、未来へつなぐ高崎まつり

 

開会式: 8月1日(土)13時~。高崎駅西口駅前通り(あら町交差点付近)で山車、神輿、阿波踊り、和太鼓、木やり、チンドンが競演。ワッペンデザイン入賞者表彰。
閉会式: 8月2日(日)20時20分~。連雀町交差点。
本部売店:「開運高崎食堂2015夏」8月1日(土)・2日(日)。もてなし広場。高崎のうまいものが集結。高崎観光協会27店舗、ようこそ前橋を進める会3店舗、茨城県(被災地)より1店舗。
こども広場: 8月1日(土)・2日(日)。13時~16時。群馬音楽センター周辺=子ども神輿、和太鼓、山車の展示など子どもたちが高崎まつりを楽しめる企画。
創作だるまみこし: 8月1日(土)・2日(日)。13時~15時。[もてなし広場-さやもーる-もてなし広場]
巨大だるまみこし: 8月2日(日)18時~20時。[まつり本部前-連雀町交差点-もてなし広場]。重さ500Kgの巨大だるまみこしを青年団体が担いで大手前通りを練り歩く。
神輿: 8月1日(土)13時~20時30分。8月2日(日)14時~20時30分。 <もてなし広場集結>=[もてなし広場]→[スズラン前]→[連雀町交差点]→[みずほ銀行前]→[さやもーる]→[スズラン前]。 <駅前広場集結>=[駅前通り→[あら町交差点]→[連雀町交差点]→[みずほ銀行前]→[さやもーる]→[スズラン前]。
阿波踊り: 8月1日(土)13時~20時30分。[駅前通り]-[田町]ほか。 8月2日(日)14時~20時30分。[駅前通り]-[連雀町交差点]ほか。 上州写楽連、どですけ連、上州いわびつ連、みまつ連。
和太鼓: 8月1日(土)・2日(日)。13時~20時30分。[音楽センター前広場]。
木遣: 8月1日(土)13時~20時30分。[駅前通り]→[連雀町交差点]→[さやもーる]。 8月2日(日)13時15分~20時30分。[もてなし広場]→[連雀町交差点]。
チンドン: 8月1日(土)・2日(日)。13時~20時30分。高崎まつり交通規制地域内。
大花火大会: 8月1日(土) 19時40分~20時30分(荒天の場合は、翌日に順延)。烏川上流河川敷。 北関東最大級を誇る花火大会。15000発(50分間)を打ち上げる。
山車まつり: 今年は北地区9町内・中央地区8町内の山車が出場。 8月1日(土)集結式18時(もてなし広場)。駅前集合=14時30分~16時30分。叩き合い=19時30分(田町交差点)。 8月2日(日)巡行=13時~18時。勢ぞろい=15時40分~17時(田町通り)。叩き合い=18時30分(田町交差点)。
第32回高崎技能祭: 8月1日(土)・2日(日)。10時~17時。[庁舎前広場]。(高崎新聞引用)

※高崎まつりでは、ドローンなど無人航空機の使用は禁止されています。

たかさき発「浜川屋外プール・城南プール」いよいよオープン!

今年もいよいよプールシーズン到来です。ご家族・お友達と是非でかけてみましょうよ!

201579173145.jpg●開催期間
 浜川屋外プール 7月4日(土) ~ 8月31日(月)
 城南プール   7月11日(土) ~ 8月31日(月)

●開場時間
 午前9時 ~ 午後5時

●利用料金
 大人(高校生以上) 310円
 小人(中学生以下) 150円
 ロッカー 50円

※2歳以下は無料。
(オムツが取れていない方のご利用はできません。ただし、プール用オムツを着用しその上に水着を着用すれば、幼児のみ遊泳可能)
※小学3年生までは保護者の方と一緒に入場してください。
※大会開催日 50m、25mプール終日閉鎖のため使用できません。

→大会開催日は流水プール、子供プール、幼児プールは開放。
 7/21(火) 高崎市中体連夏季大会
 7/30(木) 高崎市小学生水泳大会(予備日7/31)
 8/24(月) 高崎市中体連新人大会
 8/30(日) 高崎市民大会

●7月18日(土) 中学生以下対象 “くじ引き大会”
招待券・お菓子などが当たります! *景品はなくなり次第終了。

●9月5日(土) 10時~15時 大人のカヌー教室 3000円

≪申込方法≫
往復はがき 7月15日(水)~8月11日(火)必着
住所、氏名、年齢、電話番号を記入の上、次のあて先までお申し込みください。
〒370-0081 高崎市浜川町1575-1 浜川プール

(公財)高崎市文化スポーツ振興財団 プールトレーニング
   浜川プール 電話027-344-5511
   城南プール 電話027-324-4558

 

(高崎新聞引用)

群馬はダム王国。27箇所の「ダムカード」発行は日本一!

201577164632.jpg201577164643.jpgダムカードとは「国土交通省」と「独立行政法人水資源機構」が管理するダムへの訪問者に配布しているカードのことです。また、馬県内27のダムで現在配布しています。群馬県内のダムカードは、県境に跨がるダム(下久保ダム、渡良瀬貯水池)を含めると、これまでに26箇所で発行されており、丸沼ダムが27箇所目となります。これは、現在日本一の枚数となります。 昨年8月に配布が開始された上野ダム(上野村)のカードは、既に1,700枚配布されています。 

現在、国内には約3000基のダムがあり、このうち418基のダムカードがあります。ダムカードをもらうには、各ダムに行ったことを証明できるもの(スマートフォンやデジタルカメラの画像など)を各所定の場所で見せるとダムカードが貰えます。

201577164521.jpgダムカードは本来サイズや掲載内容が決まっている「統一デザイン」と呼ばれていますが、最近では「統一デザイン外」のダムカードも登場してきています。群馬県内では「丸沼ダム」(片品村)訪問者で片品村に宿泊した人を対象にホログラムをあしらったキラキラのダムカード(画像なし)を配布しています。このキラキラのダムカードは、6月1日から配布を始めて、25日までに70枚を配った実績があり、配布窓口の片品村観光協会によると「キラキラのダムカード目当てに宿泊した人も多かった」とのことでした。(高崎前橋経済新聞一部引用)

群馬県内のダムカードに関する問い合わせは「群馬県企画部地域政策課(TEL 027-226-2362)」で受け付けています。

 

ダムに興味のある方でまだ県内のダムは見ていない方は、手始めに週末近場のダムを見に行き「ダムカード」をゲットしてみてはいかがですか・・・・・

 

SLの街たかさき発!「鉄道とアートの旅」開催中!

201571155259.jpg6月28日(日)から、JR高崎駅至近の高崎市美術館(高崎市八島町、TEL 027-324-6125)で鉄道とアートのコラボ展「たかさき発!鉄道とアートの旅」が始まりました。高崎は古くから交通の要衝として発展し、在来線7路線と新幹線が乗り入れる高崎駅は1日6万人の乗降客数を誇る群馬の玄関口として知られています。

201571155314.jpg「たかさき発!鉄道とアートの旅」は鉄道を切り口にした作品を展示しています。作家は「一日一鉄」を合い言葉にユニークな鉄道写真を撮る中井精也さん、観覧者がSuicaなどの交通系ICカード情報から映像を作り出す廣瀬通孝さん、駅舎やプラットホームの細密画に同じ場所の映像を重ねるキャンバス・プロジェクションを手掛けるヤマガミユキヒロさん、ダンボールを使いさまざまなものを作る岡村剛一郎さんの4人で、展示点数は全部で約100点。展示期間は、2015年6月28日~9月27日まで。

また、同館では今回のテーマに合わせ、「撮り鉄さん、大集合!」と題し、鉄道写真を募集しています。
大きさは13センチ×18センチ以内の写真プリント(プリンターは不可)。
応募作品は会期中、会場に展示。応募は同館所定の応募用紙を使用。
問い合わせは高崎市美術館(Tel 027-324-6125)で受け付けています。(高崎前橋経済新聞一部引用)

撮り鉄さん・・・美術館に観に行ってぇ~~自分の作品を応募してみてはいかがですか!

【呑んべぇ集合】上信電鉄「生ビール列車」飲み放題予約開始!

2015619164551.jpg今年も夏恒例上信電鉄(本社:高崎市鶴見町)が2015年8月22日(土)に運行する「Jazz & ビール列車」の予約受付が始まっているそうです。

「Jass& ビール列車」は、Jazzバンド「ディキシークインーズ」のライブと生ビール(飲み放題)を楽しみながら高崎駅~下仁田駅間を往復します。
「ディキシークイーンズ」は、高崎に拠点のある沖電気工業(本社:東京都港区)従業員と、同社関連グループ企業有志で構成する企業内アマチュアバンドです。
参加費は運賃を含む「男性3,500円」「女性3,000円」で、生ビールのほかにお弁当とつまみが付き、定員は70人までとなっています。

また、集合時間は10時で、高崎駅発10時38分、下仁田駅着11時57分。下仁田駅発13時16分、高崎駅着15時13分の予定で、お申し込み・お問い合わせは上信電鉄(TEL:027-323-8073)にて受け付けをしています。(高崎前橋経済新聞一部引用)

8月の暑い時期、涼しい電車で生バンドでJassを聞きながら冷えた生ビール飲み放題・・・・
呑んべぇにはたまらないハズです。両方を堪能したい方は早めに予約しましょう!

ぐんま県民マラソン 初「フルマラソン」で15000人規模の開催!

201561217489.jpg今年11月3日(祝火)に開催される「第25回ぐんま県民マラソン」で初のフルマラソンを実施。
「ぐんま県民マラソン」は1991年に初開催され、2014年まで10キロとハーフマラソンを実施していたが、ランナーからの要望が多くなったため今回からフルマラソンの開催となった。

2012年時点で全国的にフルマラソンを開催していない県は群馬県を含む3県だったので、県では「榛名湖マラソン」(高崎市)、「前橋・渋川シティマラソン」(前橋市・渋川市)のフルマラソンが好評だったことから今年から実施に踏み切ったとのこと。

 

※定員はフルマラソン(日本陸上競技連盟公認コース 制限時間:6時間)=5000人、10キロ(同 制限時間:1時間30分)=4000人、リバーサイドジョギング(制限時間:なし)=6000人の合計15000人。
6月1日(月)から募集は開始し、11日(木)現在でのエントリー数は非公開だが「まだ少しは大丈夫」とのこと。(高崎前橋経済新聞一部引用)

大会詳細は「ぐんま県民マラソン」を確認し、初フルマラソンに参加したい方はすぐにエントリー手続きしましょうネ・・・・・・