ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ご当地ノベル「世界最後の魔境」のグンマー!

201526161653.jpg2015年1月17日に、ネット上で「秘境グンマー」として知られる群馬を「魔境レベル」に引き上げるライトノベル「世界最後の魔境 群馬県から来た少女(PHP研究所刊)660円」を発売。秘境やグンマーで検索すると「秘境群馬県の画像」のまとめサイトが出る。まとめサイトでは秘境と呼ぶにふさわしい県庁舎の画像や民家などが紹介されている。 【秘境】群馬県の画像まとめ【グンマー】

群馬のこうした奇妙な扱われ方に興味を示した日下一郎さんが、群馬を秘境から魔境にレベルアップ。魔境の美少女「コヨトル」が転校先で「世界中を群馬にしちゃえ!」と世界支配計画を開始したことによる騒動を描いている。

ストーリーは、世間に「田舎」「秘境」と言われる群馬県による世界支配を目指し、少女が群馬県から東京の学園に転校してくるもの。少女は世界支配計画で次々と騒動を巻き起こし、やがて世界を破滅させた邪神「群馬王」の復活をめぐって大バトルが勃発する――といったファンタジー小説だ。群馬県は、登場する群馬の方言・上州弁が正しいかなどをチェックしたり、県のマスコットキャラ・ぐんまちゃんの使用を許可したりして作品に協力。「公認」ではなく「協力」という肩書きについて担当編集者は「県は群馬が魔境であるとは認めていないので、『公認』まではできないと県から言われました」とのこと。またタイトルに県名を入れ、県庁からお墨付きまでもらったようなご当地ライトノベルはおそらく本作が初めてだそうだ。

また、関係者は一様に「秘境・魔境度合いをアピールするライトノベルに仕上がった」と胸を張るとともに「怒らないで」腰を折る。2011年2月に大澤正明群馬県知事が、自民党のネット番組で「未開の地グンマー」を肯定したことを発端に論争が巻き起こった。自虐ネタを世界そして群馬県民とグンマーがどう捉えるのか。。。。

高崎と藤岡の境の鏑川に白鳥飛来中!

201512816486.JPG高崎市と藤岡市の境に流れる鏑川(かぶらがわ)に白鳥がまとまって飛来し始めたのは2003~2004年の冬。毎年12月初旬から20日ごろにやって来て、2010年~2011年のシーズンには約50羽が越冬しました。今年は15~30羽を観察できます。 白鳥を見ると餌を与えたくなるが白鳥はコケや藻は食べるが魚は食べません。そのため、餌は大麦、小麦、小米(米粉用の米)を少量与えます。給餌自体は、鳥インフルエンザの影響で一時、全国的に中止されていましたが、他の飛来地に合わせて再開されたようです。

観察できる場所が河川敷のためカーナビでは出ないので、目標は「安楽寺(高崎市木部町)」を目指しそのまま南下します。【注】高崎市内には木部町のほかにも安楽寺がある。詳しくは「鏑川白鳥を守る会」のブログを見てください。この時期(3月10日~20日ごろまで)にしか見れない白鳥を観察しに、お出かけしてみてはいかがですか!?

近日 「榛名山ヒルクライム in 高崎」募集開始!

2015119161633.jpg標高1390メートルの榛名山を登る自転車レース【第3回榛名山ヒルクライムin高崎】のエントリー受付が1月24日からインターネットを窓口に開始されます。榛名山ヒルクライム(通称:ハルヒル)は2012年に初開催され、昨年は4956人の参加を得て、国内屈指の規模となった。コースは「榛名湖コース(16.1km)」と「榛名神社コース(11.6km)」と「初心者コース(6.7km)」と「タイムトライアルコース(6.8km)」。

今回から「チーム戦」を初開催。チーム戦は同一コースにエントリーする3人を1チームとし、合計タイムで競うレース。

登録料は2,000円~6,000円、ゼッケンに会場や協力店で使える1,000円分の買い物券が付く。開催は「2015年5月16日(土)、17日(日)」。

詳しくは『第3回榛名山ヒルクライムin高崎』のHPをご覧ください。

ママチャリでも参加できるようなので、健脚自慢のパパさんママさん、参加してみてはいかがですか。

「第2回GUNMAマンガ・アニメフェスタ」開催!

201511616847.jpg201511616858.jpg2月7日(日)8日(月)ベイシア文化ホール(旧グリーンドーム)にて「第2回GUNMAマンガ・アニメフェスタ」が開催されます。GUNMAマンガ・アニメフェスタはマンガ、アニメーション、映画、映像作品などにスポットを当てたイベントで、昨年初開催した。会場では開催に先駆け選定されたマンガ・アニメフェスタ作品展の各部門大賞をはじめとする作品を展示するほか「キン肉マン」「北斗の拳」「シティーハンター」などで知られる声優神谷明さんのトークショー、アニメグッズ販売、アニソンライブ、コスプレコンテストなどを行う。

アニソンライブ、コスプレコンテストは参加者を募集中。両コーナーは群馬在住芸人のアンカンミンカンが司会を務める。応募については群馬県教育文化事業団のHPか、直接☎(027-224-3960)で問い合わせて見てください。

締め切りは1月30日。開催時間は両日とも10時~17時で入場無料。

興味ある方は年に一度の祭典ですので足を運んでみてはいかがですか。

本日 1600年代から続く前橋の「初市」

201519175941.jpg本日(1月9日)、前橋の三大祭りの一つ「初市まつり」が前橋市街地の国道50号線などの会場で開催されています。

厩橋藩(現在の前橋)の初代藩主、酒井重忠(1950年代~1610年代)の時代、城下では毎月4日、9日に市が立ち、日用雑貨や生糸などが取引されていた。初市は新年に初めて開催される市。だるまが販売されることから現在は「だるま市」として親しまれている。「初市まつり」は前橋八幡宮(前橋市本2)で行うだるま供養の「浄火(お焚き上げ)」に始まり、八幡宮の神「市神」をまつり会場に設けられた仮宮に移す「渡御の儀」を行う。「渡御の儀」では木遣りや大獅子などが市内を練り歩く様は江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえる。

開催時間は浄火が10時~11時30分ごろまで。渡御の儀は10時30分に八幡宮を出発し、千代田通り、中央通りを経由し約400の露天が並ぶ中、1時間かけて本町通りの仮宮まで練り歩く。

本日ヤマダグリーンドーム前橋第6駐車場(無料)と祭り会場のバス停(前橋テルサ前)を結ぶシャトルバス(無料)を10分おきに運行。まだ見てない方は行かれてみてはいかがですか。

群馬県が美肌県グランプリ2014で最下位!

あけましておめでとうございます。

新年早々群馬県にお住いの方に悲報です。化粧品大手のポーラが全国およそ60万人の女性の肌のデータを分析した結果、群馬県がワースト1位、最下位だということが判明しました。これは、温泉街の草津や伊香保がある群馬県としてはかなり屈辱的です!しかも調べてみると2013年2014年と2年連続最下位!尚且つ2012年も46位という結果でした・・・その肌がキレイじゃない理由はいったい?まずはポーラによって計測された内容によるとこんな感じでした。下記グラフでみるとよくわかりますね。201515173245.jpg

 

グラフから、[水蒸気密度(42位)][日照時間(46位)][生活習慣(41位)][ 風が潤っている(47位)][角質細胞が整っている(46位)][ シミができにくい(45位)][ニキビができにくい(47位)][肌荒風(乾燥型)]  なんと言っていいか・・ほとんどの項目が最下位に近い感じでコメントしずらいですネ!

唯一「キメが整っている」が29位、「シミができにくい」が28位というだけでした。しかも微妙・・・ テレビでは肌が荒れる原因は赤城おろしとのこと。つまり「空っ風」です。

特に県内で秋から冬に吹く乾いた北風による乾燥や血行不良が影響していると分析し、保湿ケアやマッサージを心がけ、日中はマフラーを巻いて乾燥やシミ・シワの原因の紫外線から肌を守ることなどを勧められています。そこで、一世帯当たりの自家用車台数全国4位の群馬県在住の奥様方へ朗報です。紫外線を防ぐ効果抜群の旭硝子の【美肌ガラス】に入れ替えてみてはいかがですか。シミ・シワが防げますよ!・・・・

アルソックCM 前橋ロケ!

吉田沙保里さんや伊調馨さんらが出演している「アルソック(ALSOKフィーバー編)」のCM見たことありますか? CMで使われた商店街は前橋の中央通り商店街(通称アーケード通り)で、撮影は今年2月14日に降った大雪の後の21日に行われ、振り付けはTAKAHIROさん。出演者の中には、高崎出身の貴田裕美選手(OWS日本代表)も出でいます。前橋の中央通り商店街、弁天通り、オリオン通りは映画ドラマCMなどの撮影によく使われ、その理由はどこにでもある見慣れた街並み昭和レトロな雰囲気を求める向きに最適なロケ地となっているとのこと。素直に喜んで良いのかちょっと複雑ですネ!アルソックのCM放映は「2015年3月末まで」の予定。

昭和5年創業の高崎「おみたまんじゅう」閉店!

今日はクリスマス。ケーキの話ではなく地元高崎のソウルフードで自家製の酒まんじゅうが人気の「おみたまんじゅう(高崎市神戸町)」が12月21日(日)に閉店した。県道交差点でまんじゅう製造中の湯気がランドマークとしても知られたお店は1930(昭和5)年、現在の店主の徳井博さんの祖母ミタさんが始めた。ほんのりと酒が香る甘さ控えめのまんじゅうはたちまち評判となり「おミタさんのまんじゅう」から店名が付いた。三代目の博さんは1972(昭和47)年に父親(七五三吉さん)から店を引き継ぎ、酒まんじゅう一筋42年「先代と変わらぬ味を」と頑張ってきたが足の具合が悪くなり立ち仕事が辛い状態になったという。作れば作っただけ売れてしまうおみたまんじゅうの価格は1個50円。販売時間は9時~と13時30分~の午前午後2回。販売個数は公表していないが売り切れ御免だった。また地元高崎のソウルフードの一つが姿を消してしまった。寂しいですね!

「かがやき」全便が高崎通過に!

JR東日本は2015年3月14日のダイヤ改正を今月19日に発表。北陸新幹線の金沢-東京間を運行する速達タイプ「かがやき」は一日10往復運行、全便が高崎を通過することになった。北陸新幹線は(現)東京-長野間「あさま」27往復で(改)東京-金沢間速達タイプ「かがやき」10往復全便高崎通過。停車タイプ「はくたか」東京-金沢間14往復で高崎通過が上り15時台1便,下り18時台1便。長野-金沢間は1往復運行予定。上越新幹線運転本数も見直され、東京-高崎間は(現)「とき」27往復「たにがわ」19.5往復から「とき」26往復「たにがわ」12往復となる。また3月14日のダイヤ改正で上野-東京ラインが開業し高崎線と東海道線が相互直通運転となり、東京、品川、川崎、横浜方面と直結。朝7時から10時頃は全21本のうち13本が東海道線に直通。速達タイプ「かがやき」の高崎停車が無いことは高崎市民としては非常にザ・ン・ネ・ン!

榛名湖イルミネーションが好調!

12月5日榛名湖で開幕した『榛名湖イルミネーションフェスタ2014』が好調で、週末は1日約1万人を集客している。「榛名湖イルミネーションフェスタ2014」は今年で9回目。地元有志による手作りのイルミネーションは回を重ねるごとに数が増え今年は榛名の四季をイメージしたやぐらを新設。クリスマスウィークには花火やサンタクロースがプレゼントを配るなどの企画や23日と24日にはぐんまちゃんもやって来る。車で行く場合は冬用タイヤが必要。また、高崎駅発着の「日帰りナイトバスツアー(群馬バス)」「駅から観タクン(びゅうプラザ)」も利用可能。ちょっと寒いけど高崎市内で人気の榛名湖イルミネーションを観に行ってみてはいかがかなぁ・・・