ホーム>サービス>ウインドウリペア

ウインドウリペア

ウィンドウリペアについて

加工前 次へ 加工後
BEFORE   AFTER

 

10円玉程度のキズならガラス交換はちょっと待った!

201534151427.jpg

「修理が可能です。」

「車検にも対応できます。」

フロントガラスの小さなヒビなら、「ウィンドウリペア」という補修方法があります。

特殊樹脂液で補修する修理方法で、ヒビがそれ以上広がらないように目立たなくすることができます。

但し、「完全」に元通りに直るわけではありません。あくまでも応急処置としての作業です。

施工価格は、15,000円~(税別)
※上記施工価格は、キズの形状・状態・場所などにより異なりますので、ご来店かお問合せください。

 

【注意】 以下条件の場合、施行を承れない可能性がございます。

  1. 10円硬貨より大きなヒビ
  2. 表面がエグレていたり、カケているヒビ
  3. フロントガラスの下から30cm以内(冬場など直接温風が当たりヒビが伸びることがあるため)
  4. フロントガラスのフチから10cm以内(湾曲している自動車ガラスの周辺部は弱くなっているため)
  5. 既に撥水加工をしているガラス
  6. 作業時に濡れている割れ(雨等)
  7. ガラス自体に特殊処理(熱反射ガラス等)がしてある場合

 

【リペアまでのご注意】

  1. すぐに補修時間がとれない場合は、水滴・異物浸透防止のためにシールを貼っておいて下さい。
  2. 瞬間接着剤や市販のリペアキットは決して使用しないで下さい。
  3. 場所によって周辺のヒビ割れの進行が早いので、リペアするまでできれば動かさないのがベターです。
  4. デフロスタ吹き出し口の真上にヒビ割れがある場合は、リペアするまで絶対に霜取りをしないようにして下さい。
  5. 悪路走行や段差の乗り越えは控えて下さい。
  6. ドアは静かに閉めて下さい。
  7. トラックのキャビンに荷重をかけないようにして下さい。

 

こちらの商品のお問合せはメールにて

作業工程

工程1

工程1

キズの状態に合わせて、ドリルで特殊樹脂液(レジン)が
注入しやすい深さまで掘ります。

工程2

工程2

機械をセットします。

工程3

工程3

特殊樹脂液(レジン)を注入します。

工程4

工程4

加圧、減圧等を繰り返し、
キズの隅々まで特殊樹脂液(レジン)を浸透させます。

工程5

工程5

特殊樹脂液(レジン)は紫外線で硬化するので、
紫外線照射機で硬化させます。

工程6

工程6

スクレーパーと研磨剤で表面を平らにし、
磨いて仕上げます。

 

お問い合わせ・ご質問について

本サイトについてのお問い合わせ・ご質問などがありましたら、下記までご連絡ください。

サイト名 小池自動車硝子
運営事業者 小池自動車硝子株式会社
統括責任者 江口 智雄
住所 〒370-0008 群馬県高崎市正観寺町651
TEL 027-361-6698 (代表)
FAX 027-361-2668
MAIL info@autoglass-koike.com